ダイソーの樹脂粘土でミニチュアスイーツ作り!パン粘土との違いは?

100均

ダイソーの樹脂粘土で、ミニチュアスイーツが作れるって知っていますか?

ミニチュアスイーツは、フリマアプリでも注目のハンドメイド作品!

以前は、「パン粘土」「パンフラワー」といった、小麦粉が原料の粘土が主流でした。

しかし、パン粘土はこわれやすいという欠点があったんです。

そこで注目されたのが樹脂粘土!

この樹脂粘土は、木工用ボンドとおなじ成分でできています。

そのため、固まると弾力性が出てこわれにくく、乾くとツヤが出るんです。

ここが樹脂粘土とパン粘土の違いですね。

そして、樹脂粘土はダイソーでも買うことができます。

ダイソーの樹脂粘土は、色の種類も豊富で初めての方も簡単に始められることが魅力。

もともとパン粘土に興味があった、という方も、試しにダイソーの樹脂粘土から始めるのも一つの手かもしれません。




ダイソーの樹脂粘土ではじめる、簡単フルーツづくり!

本格的になると、ダイソーの樹脂粘土でも本物にしか見えないフルーツができちゃいます。

フルーツのなかでも、初心者が比較的簡単につくれるのが『いちご』

いちごの実だけでもかわいいですが、アクセサリーやケーキなどのスイーツにも応用できるのでオススメです。

それでは、ダイソーの樹脂粘土でつくるいちごの作り方を見てみましょう!

~いちごの作り方~

【材料】

・樹脂粘土(白)

・つまようじ

・赤い塗料(アクリル絵の具・スイーツデコ用のインク等)

・筆(必要に応じて)

・メイク用のスポンジ

・台所用スポンジ(厚みがあるもの)

・ニス(マニキュアのトップコートでも可)

【作り方】

① 粘土をひとつまみとり、よくこねる

② 真珠大くらいの大きさにちぎる

③ 涙型になるように形を整える

④ ③につまようじを刺し、形を整える

⑤ ④の粘土に、別のつまようじで軽く押し、種のくぼみをつくる

⑥ 粘土と反対側のつまようじを、台所用スポンジに刺して乾燥させる(約1日)

⑦ メイク用のスポンジで、ちょうどいい色になるまで赤い塗料を重ねていく(ヘタの近くは塗らない)

⑧ 種のくぼみは、スポンジでは色が入らないので必要に応じて筆で着色する

⑨ ニス、もしくはマニキュアのトップコートで仕上げ

⑩ つまようじからはずして完成!

種の部分を黄色くしたり、完成したいちごを半分に割ってもかわいですよ♪

フルーツの着色は、タミヤさんから出ている『デコレーションカラー』という塗料がおススメです。

フェイクスイーツに特化しているので、ダイソーの樹脂粘土もおいしそうなフルーツに仕上がりますよ!




樹脂粘土でつくる、簡単ミニチュアスイーツの作り方

いちごができたら、ミニチュアスイーツに応用してみましょう!

次は、さきほどのいちごを応用して作れるミニチュアスイーツ。

ミニチュアスイーツのなかでも比較的簡単な『タルト』をご紹介します。

~いちごタルトの作り方~

【材料】

・樹脂粘土で作ったいちご

・樹脂粘土(白)

・黄色と茶色のアクリル絵の具

・木工用ボンド

・作りたいタルトサイズのシリコンカップ

(作りたいミニチュアスイーツのサイズにあわせたもの)

【作り方】

① タルトに使う樹脂粘土に、ごく少量の黄色のアクリル絵の具を混ぜてこねる

② シリコンカップに①の樹脂粘土を入れてタルトを作る

(深すぎないほうが作りやすいかも)

③ シリコンカップをひっくり返し、底を軽く押して樹脂粘土をはずす

④ 茶色のアクリル絵の具で、タルトにほどよく焼き色がつくように筆かメイク用スポンジで色をつける

⑤ タルトを1~2日乾燥させる

⑥ タルトにニス、もしくはマニキュアのトップコートを塗る

⑦ 樹脂粘土で作ったいちごをたっぷり盛り付けて、完成形をイメージする

⑧ 完成形がイメージ出来たら、木工用ボンドでタルトといちごをしっかりくっつける

⑨ ニスかトップコートで仕上げ

これで完成です!

タルトにいちごをのせるだけで、簡単にかわいいミニチュアスイーツができちゃいます!

なれてきたら、色んなくだものをのせてみると、さらに豪華なミニチュアスイーツになっていきます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ダイソーの双眼鏡はライブやコンサートで使える?
庶民の味方のダイソーで双眼鏡も売ってるそうですね。 驚きました。 ネットでいろいろとダイソーの双眼鏡の評判を調べてたら、意外に評判が良い! ありえへーーーん!! 100均で双眼鏡を売られた日に...

まとめ

今回は、樹脂粘土を使ったフルーツと、フルーツを応用したミニチュアスイーツの作り方をお話ししました。

その中でも、いちごといちごのフルーツタルトは初心者でも簡単にできちゃいます。

しかも、簡単なのにとってもかわいい!

ダイソーで道具がそろうので、初めての人でもそんなにお金がかかりません。

趣味、そしておこづかい稼ぎにもなる樹脂粘土作品。

アクセサリーやキーホルダーにもできちゃいます。

初めは簡単なものから作ってみて、少しづつ色々な作品にチャレンジしていきたくなりますね!

あなたも、ダイソーの樹脂粘土を使ったミニチュアスイーツづくりをはじめてみませんか?




コメント

  1. […] ダイソーの樹脂粘土でミニチュアスイーツ作り!パン粘土との違いは?ダイソーの樹脂粘土で、ミニチュアスイーツが作れるって知っていますか? ミニチュアスイーツは、フリマアプリ […]

  2. […] ダイソーの樹脂粘土でミニチュアスイーツ作り!パン粘土との違いは?ダイソーの樹脂粘土で、ミニチュアスイーツが作れるって知っていますか? ミニチュアスイーツは、フリマアプリ […]

  3. […] ダイソーの樹脂粘土でミニチュアスイーツ作り!パン粘土との違いは?ダイソーの樹脂粘土で、ミニチュアスイーツが作れるって知っていますか? ミニチュアスイーツは、フリマアプリ […]

タイトルとURLをコピーしました