哺乳瓶ポーチは100均にある?専用のケースの代用ってある?

100均

赤ちゃんが生まれると、いろんなものが必要となってきます。

ある程度はお祝いの品などで代用できるのですが、いざという時のためにも少し手持ちは増やしておきたいですよね。

今回は哺乳瓶ケースをご紹介いたします。

そもそも、「哺乳瓶ケースって必要?」と思われる方もいるかもしれません。

哺乳瓶ケースのメリットは以下の3点です。

 1.哺乳瓶を保護してくれる
 2.ミルクがこぼれた時、カバンがよごれない
 3.バッグの荷物が減らせる

哺乳瓶は痛みやすく、また密封性が低いため、ケースが必要となってくる場合が多いのです。

哺乳瓶ケースは100均に置いていることが多いので、今回調査してみました。

スポンサーサイト


哺乳瓶ポーチは100均においてあるのか

100均の大手である、ダイソーキャンドゥにはベビー用品置き場に置いてありました。

中には、粉ミルクを小分けできるケースもついているので、かなり便利だと思いました。

100均の商品の多様さは驚かせます。

100均に置いてある哺乳瓶ポーチは、キャラクターものが多いようです。

このため、赤ちゃんにも分かりやすいでしょう。

デザインもポップで可愛いので、集めてみるのもいいかもしれません。

100均であるため、耐久性などには不安があるかもしれませんが、必要な期間は限られているので、ある程度使えればいい、と思う方にはうってつけでしょう。

また、哺乳瓶を洗うためのブラシや、消毒液なども置いてありました。

赤ちゃんは病気に対する抵抗力が弱いため、なるべく除菌して清潔なものを与えたいですね。

ポーチを使うことで、整理もしやすいです。

また、ベビー用品をひとまとめにおいておけるカゴなども置いてありました。

赤ちゃんの身の回りの物は100均である程度揃うと言ってもいいでしょう。

ひとまとめにしておけば、いつでも取り出すことができますし、整理しやすいです。

スポンサーサイト


100均に哺乳瓶ケース以外の代用品はあるのか

哺乳瓶ケース以外の代用品としては、ペットボトルケースが挙げられます。

靴下のようになっていて、すぽっといれることができます。

ペットボトルケースであれば、赤ちゃん以外の家族にも使うことができますし、赤ちゃんが成長したあとも使い続けることができます。

また、キャラクターものが苦手な人には、シンプルなデザインのペットボトルケースを使えばいいでしょう。

ペットボトルケースの中には洗濯可能なものもあり、汚れた場合でも、きれいにすることもできます。

もっと手軽にするのであれば、チャック付きのビニール袋という手もあります。

ビニール袋であれば、中身を外から確認することができます。

それに、ビニール袋ですので汚れればすぐに捨てることもできます。

チャック付きを選べば、中身が飛び出て他の荷物を汚すこともありません。

タオルで包んで保温する方法もありますが、100均でなくてもタオルは入手することはできます。

また、タオルだとタオル地によっては哺乳瓶が膨らんでしまい、スペースをとってしまうことになります。

それならば、哺乳瓶ケースを買っておいた方がスペースをコンパクトにすることができます。

 

100均だとちょっと頼りないと感じる方はこちらも参考にどうぞ!

冷凍母乳の持ち運び 解凍を外出の保育園などで行うには?
人工ミルクが多く出回るようになりましたが、やはり母乳の効果は侮れません。 また、搾乳機が手軽に手に入るようになってからは、自身で搾乳した後保存しておくお母さんも増えてきました。 赤ちゃんにとっても栄養が高く、その後の発育にも関係...

まとめ

出産後から、多くの物が必要となってきます。

哺乳瓶ケースをはじめ、ある程度の品物は100均のベビーコーナーに揃っています。

また、ペットボトルケースやチャック付きのビニール袋、タオルなどでも代用はできるようです。

後から、「あれが必要だった」なんて後悔しないうちに、ある程度の物はそろえておくようにしておきたいですね。

先輩ママや、相談センターなどを利用して情報を集めるようにしましょう。

哺乳瓶ケースは、ぱっと見は必要なさそうに見えますが、デリケートな部分を守ってくれる貴重な存在です。

できる事なら、お気に入りの物を見つけて長く愛用したいものですね。

子どもが成長した後に、振り返ることができます。

スポンサーサイト


コメント

タイトルとURLをコピーしました