ボールペンでついた汚れの落とし方、革製品や机、壁など

ボールペン 汚れ 落とし方 革 ちょっとした知恵
ボールペン 汚れ 落とし方 壁

ボールペンというのは身近にある筆記用具でありながらシャーペンや鉛筆と違い簡単に文字等が消すことが出来ません。

小さい子供からしてみればボールペンの独特の色合いや書き心地は楽しいもので、何にでもボールペンで落書きをしてしまう事があります。

一度注意されればもう落書きをすることもないでしょうが、問題はその一度目の落書きでつけてしまった汚れです。

カレンダーやメモ帳に落書きをしてくれるのであれば助かるのですが、子供の落書きはもっと大きなものにしたがることが多く、机や壁はもちろん、ソファーといった革製品にまで落書きをしてしまいます。

そんなときに役立つボールペンの汚れの落とし方を一つずつ解説していきます。

まず革についてしまった汚れは、水性のボールペンであれば水でぬらして拭くだけで十分です。

油性ボールペンの場合は界面活性剤の多い洗剤を使いましょう。

どちらの汚れの落とし方でも汚れを落とした後に乾いたタオルで拭くことを忘れないで下さい。




ボールペンでついた机の汚れの落とし方

次は多くの場合落書きの標的になりやすい机に書かれてしまったボールペンの汚れの落とし方を解説します。

まず、水性のボールペンでついた汚れの落とし方はこちらもやはりとても簡単で、水で拭くだけです。

相手は机ですので殆どの場合これといって注意点もありませんが、汚れが落ちない事で悩んでいるという事は大抵は木製でしょうから、水分を残したままにしないように拭きましょう。

油性ボールペンでついた汚れの場合も難しいものではなく、料理用の油をキッチンペーパー等につけて落書きに塗ります。

しばらくそのままにしておけば汚れが浮き上がりますので、それを拭き取るだけです。

どうしても汚れが取れないのであれば「激落ちくん」などのメラミンスポンジで擦りましょう。

この方法の場合はメラミンスポンジの使い方通りに水を付けてから擦るだけです。

ただし、机のコーティングによっては傷をつけてしまいますので、他の手段を試してからにしましょう。




壁についてしまったボールペンの汚れの落とし方は?

落書きをされて一番頭を悩ませることになるのが壁に書かれてしまった取れないボールペンの汚れでしょう。

相手が壁であるため落とし方にも慎重になってしまいますし、ボールペンの汚れをそのまま放置しておくこともできません。

なにより放置しておいては後から汚れを落とすときに落とし方が複雑になりがちです。

水性であればやはり簡単なもので、濡れ雑巾などで拭くだけで落ちることがあります。

このとき注に歯ブラシで擦ったり、濡れ雑巾で擦る場合でもあまり強く擦ると壁紙を痛めてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

水性でない場合は壁に対して優しい方法から順番に試して汚れを落としましょう。

まずは消しゴムで擦る方法です。

こちらもやはり強く擦ってはいけません。

メラミンスポンジを使うのも一つの手段ですが、メラミンスポンジの汚れの落とし方は研磨ですので、壁紙へのダメージは多少なりともあると思います。

次は料理用油などを綿棒などに染み込ませてトントンと優しく叩き、汚れを浮かせましょう。

そしてキッチンペーパー等で押さえつけ、汚れを取ります。

壁紙によっては染みになってしまうこともあるので注意は必要です。

スニーカーの黄ばみ、ソールやゴムの汚れ落としはワイドハイターがいい?
しばらく履いていなかったスニーカーを履こうとしたらソールが黄ばんでいた。 お気に入りのスニーカーや、思い出のスニーカーは捨てるなんて出来ません。 それに、スニーカーによっては同じデザインのものが販売されていないことだってあり得ま...

まとめ

子供は新しい物を手にするとどうしても使いたくなってしまうものです。

その気持ちが爆発してしまった時、怒りすぎず、適度に叱るようにしてあげてください。

そして落書きを消すときは出来るだけ自分一人でするのではなく子供にも手伝ってもらうことも大事です。

落書きを消すことが大変であると学ぶことが出来れば子供も落書きをしないようにするでしょうから。

それと、ボールペン等の新しい筆記用具を渡すときは一緒にノート等の落書きをしても良い紙を渡してあげることも大切です。

そうすれば余程の悪戯好きの子供でなければノートに書いてくれるはずです。

一番気を付けたいのは叱りすぎないことです。

強く叱られすぎれば引っ込み思案な子供になってしまうかもしれません。

落書きをしてしまう気持ちを押さえつけることなく、将来の何かの芽になるかもしれないと大目に見てあげてください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました