バスガイドさんのセリフはどんなものがあるの?アナウンスや季節の挨拶もご紹介します

バスガイド セリフ ちょっとした知恵
バスガイド 季節の挨拶

長期休み時期になるとバスツアーなども開催され、普段よりもバスを見かける機会が多くなります。
バスツアーなどに付き物なのが「バスガイドさんのセリフやアナウンス、季節の挨拶」です。
これが楽しみ!と言っても過言じゃないくらい。

初めて行く場所は特に、外の景色を見ても何がなんだか分からなかったり知らないことも沢山あります。
そんな時に色々な紹介をしてくれたり、丁寧にアナウンスをして誘導してくれたりすると一気に場が盛り上がり、観光が楽しめたりします。

何気なく耳にしていたバスガイドさんのセリフですが、実は季節によっても挨拶の内容が変わっていたり、アナウンスもしっかり考えられていたりするのです。
そこで今回はバスガイドさんの色々なセリフ集をいくつかまとめてご紹介していきたいと思います。




バスガイドさんのアナウンスはどんなものがある?

バスガイドさんのアナウンスには流れがあります。

1.「おはようございます」の明るい第一声の挨拶
2.株式会社〇〇の皆様、本日は〇〇観光バスをご利用頂きまして誠にありがとうございます!
3.自己紹介→本日皆様とご一緒させて頂きます、バスガイドの〇〇と申します。漢字で書くと〇〇〇〇となります。
4.今日は1日よろしくお願い致します!や、今日から〇〇日間よろしくお願い致します!
5.簡単にその日に回る予定のスケジュールや、サービスエリアのタイミングなどをお話しする
本日の流れを簡単にご説明致します。〇〇高速道を通り、~時~分ごろ最初のサービスエリアに到着予定です。
サービスエリアを出発しましたら、〇〇を見学の後昼食になります!など。
6.守って貰いたい事項などを話す(時間・車内で禁止されている行為・シートベルト・貴重品の管理・体調が優れなかった場合はすぐに申し出るようにするなど)
必ず時間を厳守して頂くようお願い致します。
車内は完全禁煙となっておりますので、おタバコの方はご遠慮頂くようお願い致します。など。
7.サービスエリアなどで乗り間違えが無いように、バスの目印や分かりやすい模様などを説明する
8.最後の挨拶
それでは皆様1日ごゆっくりお過ごし下さいませ。や、皆様の旅が素晴らしい物になりますようお手伝いさせて頂きたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。など一言を言い締めくくる。




バスガイドさんの季節の挨拶は?

【春】
・寒中には珍しくうららかな日が続いております
・日差しが春めいてまいりました
・桜の花が待ち遠しい毎日となってきました
・おぼろ月夜の美しい頃となってまいりました

【夏】
・初夏の風が心地よく、頬を撫でてゆく季節となって参りました
・梅雨時の晴れ間の青空は、すっかり夏色に染まってきました
・梅雨明けの暑さはひとしおで、蝉の声もひときわ高くなって参りました
・夜空に花火がきらめき美しい季節となって参りました

【秋】
・鈴虫の音色が美しく、秋刀魚が美味しい季節となって参りました
・紅葉便りに旅心を誘われ、味覚の秋、嗅覚の秋となって参りました

【冬】
・日足がすっかり短くなり、冬将軍がやってきそうです
・年の瀬を迎え、カレンダーも残すところあと1枚となりました
・冬枯れの季節となって参りました

これらが季節の代表的な挨拶です。
バスガイドさんは季節に合わせて、季節を感じられる挨拶も取り入れています。
じっくり聞いてみると季語を使ったりしているので、ぜひ観光などで乗った際は聞いてみて下さいね!

夜行バスを使うとき、気を付けたいパソコン、スマホの迷惑行為とは?
料金が安く、旅行や帰省といった長距離の移動時に何かと入り用になる夜行バス。 しかし夜間に移動することから周りには眠っている人もいます。 自分も快適に利用したいのだから、周りの人たちにもなるべく迷惑はかけたくない…… 眠って...

まとめ

今回はバスガイドさんのセリフや季節の挨拶を簡単にご紹介しました。
もっともっと沢山の挨拶やアナウンスはあると思いますが、一般的なセリフの流れとなっています。

知って聞いてみるとまた違った楽しみが増えるので、ぜひバスガイドさんのセリフをよく聞いてみて下さいね!




コメント

タイトルとURLをコピーしました