夜行バスは雪のとき事故や運休が多い?払い戻しってできるの?

夜行バス 雪
夜行バス 雪 運休

夜行バスって雪のため事故で運休などあるの??

このページを見ているということは、夜行バスを使ってスキーや、帰省を考えている方ですね。

今回は夜行バスについてと、雪が降ったときはどうなるの??(遅延や運休など)

冬に乗るときは気になると思いますのでそれをご紹介いたします。




夜行バスは雪のとき事故が起きやすいのか。

1日でおおよそ15000便以上が運行されている高速バスですが、その中でも夜行バスは1割に満たない本数です。

それでも夜行バスは1000便以上は毎日運行されています。

それだけ運行されている夜行バスは冬は雪道を通ることが多くなります。

そんな夜行バスですが、雪が降る季節など事故が起きやすいのか気になりますよね。

その前に、交通事故に合う確率について紹介します。

1年間で交通事故に合う確率は0.528%と、いわれています。人生ではおおよそ35%ぐらいです。

100人いたら35人は一生のうちに交通事故を経験します。たしかに周りに事故に遭った人は意外と多くいますよね。

その中でも夜行バスの事故率は約0.005%ほどです。
引用:平成24年度 第2回 車両安全対策検討会

飛行機や新幹線と比べると高い。(飛行機0.0009%、新幹線0%)といえますが、街中を歩いていたりする時よりは安全な乗り物と言えます。

雪の中を行く夜行バスと言うと、関越自動車での事故を連想させられますが、事故の原因は過労など明らかな理由があります。

冬のときに夜行バスの事故についてニュースでよく見ることがありますか??意外と見ないかと思います。

それはこの事故以来、乗務員は2人体制など改善が図られています。運転手が運転してもいい距離や交代要員の配置が決められているからです。

そのため、事故の可能性は大幅に減少しました。

しかし、乗り物である以上、残念ながら事故は必ず起きてしまいます。もらい事故や避けようのない事故は必ず起きてしまいます。

100%安全とはどんなことでも言えません。それはどの移動手段でも言えることです。そのため、どうしても気になる、心配でしたら、新幹線を使うなどすることをおすすめします。

しかし、値段は圧倒的に安いのと安全対策は行っていますので、夜行バスを私はおすすめします。




夜行バスが雪のため運休や遅延の際の払い戻し

夜行バスはどうしても高速道路の混み具合などによって到着時刻が変動してしまいます。(大体は早くつきますが)

しかし、雪道をいくことが確実なスキーツアーなどですとどうしても遅れることを前提に予定をたてる必要があります。

さて、スキーツアーでは余裕をもって時間設定はしていますが、雪道による事故などで通行止めになったりすることもあります。

そのときにどうしても運休や遅延することがあります。

多くのバス会社では、運休時や遅延時の補償は一切しません。
例えば、新幹線に乗り換えることや返金はしないなどです。

事故により、バスが身動きとれなくなってしまうこともあります。過去には1日遅延してしまったバスもあったようです・・・。

また、大雪があらかじめ予想されている場合などは事前に運休することもあります。その際は全額返金になりますので安心ですね。

バスが出発してから、高速道路の通行止めで一般道に迂回した場合などは遅延などで払い戻しはされません。

ひとつの目安としては出発前か出発後により返金の基準となります。

他にも高速道路の修繕のために運休となることもあります。この場合は事前にわかっているので払い戻し対象です。

このように事前にわかればいいですが、わからないことが起きることもどうしてもあります。

状況によって対応は変わることもありますので、運行するバス会社に分からなければ問い合わせることをおすすめします。

夜行バスでコンセントが見つからない!?充電できないときに確認すること!
「充電可能の夜行バスを選んだのに、コンセントが見つからなくて充電できない!」 最近は充電ができる夜行バスが増えてきて便利になりましたね。 しかし、夜行バスの種類によってコンセントの場所が違うため、「充電できない!」とお困りの方も...

まとめ

夜行バスは安全な乗り物であると言えます。しかし、乗り物である以上事故はどうしても起こってしまいます。

ドライバーが2名体制や、安全体制について運行するバス会社の情報を確認してから申し込みましょう!!

スキーツアーなど雪道を走行することが予想されるコースでは時間の遅れも考えながら予定をたてましょう。

楽しい旅行になると私も嬉しいです!!




コメント

タイトルとURLをコピーしました