しこしこの意味や使い方は?うどんの麺がしこしこしているの意味は?

ちょっとした知恵

日本語には、感覚的に表現するものがあります。

「そよそよ」「さらさら」といったような、重ねたものが多いです。

副詞のようにも使えて、「強さ」や「弱さ」を表すこともできます。

それらは、フランス語由来では「オノマトペ」と呼ばれるもの。

日本語では、「擬音語」と「擬態語」。

「擬音語」は、物や生き物が発する音や声。

「擬態語」は、状態や動作や様子、手触り、感情など、音がしないもの。

今回のテーマに選んだのは、しこしこの意味

麺類の食感の表現に使われることもあり、動作を表すときにも使われることもあります。

この不思議な表現を探ってみました。

 

スポンサーサイト


しこしこの意味は?使い方は?

しこしこ 意味 うどん

しこしこの意味や使い方を「辞書サイト」でリサーチしてみると、『持続的に、じみな活動をするさま』と出てきます。

類語を調べると、「地道に」「地味に」「少しずつ」「堅実に」「コツコツと」「着実に」などがあります。

文例としては、『麺がしこしこしている』というのが圧倒的に多いです。

「腰がある」や「弾力がある」という表現です。

こちらの詳細は、のちほどの項目(次のセクション)でお伝えします。

「地道に」や「コツコツと」という意味での文例は、『今でも小人数で勉強会をしこしこ(と)続けている』という感じになります。

なぜ、「しこしこ」は「地道に」という意味で使われるようになったのか?

「地道に」と「腰がある」という意味に共通するところで考えると、次の言葉になるのではないかと思いました。

それは、「しっかりと」です。

近い表現では、「しかと受け止める」「しかと受け取る」というのがあります。

「確実に」といったような表現です。

何となく似ていませんか?

「しかと」⇒「確実に」⇒「着実に」」⇒「地道に」

「腰がある」⇒「しっかりとした」

さらに!

あとまで残ることを「しこりが残る」と言います。

また!

身体の固くなったとろは、「しこりになっている」「しこりができた」という表現。

「しこしこ」に近づいたような気がします。

そして、お相撲さんの「四股(しこ)を踏む」

あの動作も、「地道に」「堅実に」「しっかりと」「確実に」というイメージがします。

どうでしょう?

「四股四股」と「しこしこ」。

 

スポンサーサイト


うどんの麺がしこしこしているの意味は?

うどんの食感や食べる様子を表現する「擬音語」「オノマトペ」には、「もちもち」や「つるつる」などがあります。

おいしくない場合の表現もあり、「ボソボソ」や「ベチャベチャ」

麺をすすって食べるときの音では、「ズルズル」と微妙な感じ。

海外の人には、嫌な響きに聞こえそうです。

落語家さんが表現すると、「ズーズー、ズズッ」と多彩な組み合わせでおいしそうです。

さて、うどんの麺を「しこしこ」と表現した場合は?

「弾力のある」「腰が強い」「腰のある」という意味で使われます。

代表されるのは、四国の香川県の「讃岐うどん」

腰のある「うどん」は、単純に「硬い」という意味ではありません。

「歯ごたえがある」に近いのですが、微妙に違う感じ。

麺を口にしたときは柔らかいのに、噛むと「もちもち」としていて、しっかりとしている。

これが「腰のある」麺の説明です。

「オノマトペ」としては、「つるつるしこしこ」とされることが多いです。

讃岐うどんの製法には、伝統的な「足踏み」という作業があります。

この「足踏み」という工程によって、うどんの生地に「適度な力」を加えることができ、また「いろいろな方向」から力を加えられるので、「麺のコシ」のもとになる「グルテンの弾力」が増すそうです。

誰が言い始めたのかわかりませんが、
今では「つるつるしこしこ」が腰のある麺の表現として定着しています。

小麦粉の代わりにホットケーキミックス!米粉は代用できる?
お菓子作りって楽しいですよね。 ただの粉が変身してケーキやクッキー、ドーナッツなんかになる! これがなんとも言えず嬉しいのです。 私も急に思い立ってパウンドケーキなどを作ることがあります。 大抵はキッチンの引き出しに...

まとめ

しこしこの意味は、『持続的に、じみな活動をするさま』と出てきます。

類語を調べると、「地道に」「地味に」「少しずつ」「堅実に」「コツコツと」「着実に」などがあります。

使い方は、『今でも小人数で勉強会をしこしこ(と)続けている』という感じ。

うどんの「しこしこ」のほうは、「腰がある」や「弾力がある」という表現です。

代表されるのは、四国の香川県の「讃岐うどん」

「オノマトペ」としては、「つるつるしこしこ」とされることが多いです。

讃岐うどんの製法には、伝統的な「足踏み」という作業があり、これによって、「麺のコシ」のもとになる「グルテンの弾力」が増すそうです。

「足踏み」も地道ですね。

スポンサーサイト


コメント

タイトルとURLをコピーしました