発泡スチロールのゴミを縮める!小さくしてすてる方法

発泡スチロール 縮める ちょっとした知恵
発泡スチロール ゴミ 小さくする方法

 

毎日生活していると、必ずゴミが出ます。

自治体によって、回収方法も異なるので、特に遠方に引っ越した際などでは、調べるので一苦労です。

回収時間も、場所によってまちまちです。

筆者の住む自治体では、エコ活動が活発で、ゴミ袋の種類が4~5種類ほどあります。

一方では、ゴミ袋の種類が2種類しかなかったり、夜中にゴミ出しをしたりする自治体もあるそうです。

海外では、もっと細かく規定されている国もあるようです。

それほど、ゴミに対する意識がちがうのです。

リサイクルが一般的になってきたとはいえ、ゴミは出てしまうもの。

その中でも、厄介なごみの一つが発泡スチロールでしょう。

今回はこの、発泡スチロールの捨て方について、調べてみました。




ゴミを小さくして捨てるメリットとは

ごみを小さくして捨てるのは当たり前になってきています。

中には面倒くさい、と思う人もいるかもしれませんが、このようなメリットがあります。

 

・ごみの量を減らすことができる

これはもちろんのことです。

その分、多くの物を分別しやすくなり、ゴミの量を減らすことができます。

 

・ごみ袋のサイズを小さくすることができる

最近、エコ活動の一環としてごみ袋の有料化、もしくは値上げが実施されています。

内閣府の計画によれば2020年代には、コンビニなどでもレジ袋の無料配布を終了すると言われています。

それに伴い、ゴミ袋の料金も値上げされることが予想されます。

ごみ袋のサイズを小さくすることは、その分ゴミ袋代が浮くということです。

エコ活動でもあり、経済的にも優しくなります。

 

・回収車の負担が減り、ガソリン代などで貢献できる

こちらは、回収業者側の話になります。

回収車の消費するガソリンの量は、載っているごみの量が関係しています。

このため、ゴミを減らすことによって、消費するガソリンの量を減らすことができるのです。

そうすれば、排気ガスの量も減るので、大きな意味でエコ活動ができるのです。

回収車の中には、ゴミを圧縮することのできるものもあるそうですが、まだまだ普及していない自治体もあるようです。

また、ゴミ回収の業者の負担を減らすことができるので、業者側への貢献もすることができます。




発泡スチロールのゴミを小さくする方法三パターン

発泡スチロールの回収方法については、自治体の判断によって分かれています。

捨てる際には、各自治体のホームページなどで確認してください。

余りにも大きい塊だと、業者に引き取ってもらう考えも出るかもしれませんが、ここではごみ袋に入れて自分で捨てる方法を紹介いたします。

・自分の体重をかけて砕く

道具が無くてもできる方法になります。

まず、大きめのごみ袋に濡らした発泡スチロールを入れます。

その後に、ゴミ袋の上から体重をかけて砕くのです。

なぜ濡らすかというと、発泡スチロールがこすれた際、静電気が発生します。

静電気によってごみ袋に張り付き、回収するのが難しくなるためです。

濡らすことによって、摩擦を防ぎ、静電気の発生を抑えるのです。

この方法だと、ごみ袋ひとつで終わるため、手軽です。

また、ゴミ袋の種類を工夫すれば、そのまま捨てることができます。

・電動カッターで切る

発泡スチロール専用のカッターがあります。

これは、工具の専門店をはじめ、手軽なものだと100円ショップなどにも置いています。

発泡スチロールカッターは熱で溶かしながら切ることができます。

このため、切った後の細かいクズが出ません。

扱いが難しいので、慣れるまでは大変かもしれませんが、大変便利な方法です。

・多機能カッターを使って切る

紙や段ボールを切ることができるカッターの中には、発泡スチロールにも対応しているものもあります。

これを使っても、処分することができます。

難点としては、細かいクズが出てしまう事です。

このクズは、静電気を帯びていることが多いので、回収する際はコロコロなどで集めるようにしましょう。

面倒くさいからと、掃除機で集めてしまうと途中でつまってしまったり、ヘッドに絡まって取れなくなったりします。

以上が発泡スチロールを小さくする方法です。

自分に合った方法で、発泡スチロールを小さくしてみてください。

100円ライターにガスを補充して再利用することは可能?不可能?
普段タバコを吸われる方にとってはとても身近なものであるライター。 タバコを吸わない方にとっても花火やガスコンロの点火が上手くいかない場合など、火種が欲しい時にはライターが活躍します。 マッチとは違いゴミも出ませんし、何よ...

まとめ

ごみに対する意識は、近年ますます高まりを見せています。

レジ袋の有料化が始まり、ごみの分別もより細かくなっていくことでしょう。

ごみを小さくすることで、ゴミ袋の消費を抑えることができます。

また、発泡スチロールの処分の方法にはカッターを使う方法もありました。

ぜひ、自身にあったものを選んでくださいね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました