老眼鏡はかけっぱなしでも視力は大丈夫?

老眼鏡 かけっぱなし 視力 大丈夫ちょっとした知恵
老眼鏡 かけっぱなし 大丈夫

最近は老眼鏡なんて古臭い言い方はあまりしませんね。

シニアグラスとかリーディンググラスなどちょっとおしゃれな言い方が流行りのようです。

私の両親は裸眼視力が良かったせいか、50歳前後の早いうちに老眼になってメガネをかけました。

たぶん遠近両用だったのでしょう、ずっとかけっぱなしにしていましたが、不便はなかったようです。

かけっぱなしにすると視力が悪くなるとか、老眼が進むという人がいますが、本当でしょうか?

気になるこの点を調べてみましょう。




老眼鏡はかけっぱなしだと視力が落ちる?

ある友人はとても視力が良くて、それが自慢でした。

彼はデスクワーク中心の仕事をしていたのですが、40代の後半から、手元の字が見にくくなってきました。

目が疲れると感じたのですが、仕事のやり過ぎかなと思ってあまり気にしなかったのです。

でもある時どうしても見にくいのでメガネ屋さんに行って検眼してもらってびっくり!

かなりの老眼だったのです。

メガネ屋さんは言いました、「よくこれまで我慢しましたね。これではとても目が疲れたのではありませんか?」

もちろんすぐにメガネを作り、次の日からは仕事を快適にこなせるようになりました。

彼が作ってもらったのは中近両用メガネで、室内ならずっとかけっぱなしにできるタイプでした。

おかげで、仕事ははかどり目の疲れも大幅に解消しました。

老眼鏡は字を読むときだけ使うべきだとか、ずっとかけっぱなしにすると視力が落ちるという人がいますね。

でもこれは誤解です。

近くを見るためだけの近用老眼鏡ならば、かけっぱなしで生活はできませんよね。

遠くを見る時に周りがぼやけてしまうからです。

遠近両用メガネならば、手元も遠方も焦点を合わせることができるので、読書からパソコン作業、外出そして運転もできます。

老眼鏡をかけたからといって視力が落ちるということもありません。

むしろ、先の友人のように老眼鏡をかけないで、見にくい状態を続ける方が、目に負担がかかり
眼精疲労や肩こりの原因にもなるのです。




老眼鏡はかけっぱなしでも大丈夫!

私自身も50歳の時に手元が見にくくなったと感じて、遠近両用メガネを作りました。

もちろんかけっぱなしでも大丈夫ですが、老眼が強くないので、パソコン作業のときと、
運転の時に使っています。

メガネをかけていない時よりも目の疲労は少ないですね。

以前は、運転中に遠くを見ていて、急にナビを見るとぼやけることがありました。

でもメガネをかけてからは、遠近の切り替えがすぐにできるので安心です。

安全運転のためにも遠近両用メガネは必要ですね。

今のところ老眼がどんどん進むこともありません。

老眼鏡はメガネ屋さんで検眼してもらえば、すぐに作ってもらうことができますよね。

でも、思いがけずに目の病気が潜んでいることもありますよ。

できれば眼科医院へ行って他の病気がないかも調べてから、正しい処方箋を出してもらう方が安心ですね。

旅行中にメガネを忘れたこと気付けば、100均で間に合わせの老眼鏡を買うこともできます。

でもかけっぱなしで過ごすにはきちんと目に合ったメガネが必要です。

まとめ

老眼鏡は近くを見るための近用、近くと室内ぐらいを両方見られる中近両用、手元も遠くも見られる遠近両用などがあります。

遠近両用ならばかけっぱなしでも生活に差し支えはありません。

視力が落ちるとか、老眼が急に進むこともありません。

むしろ老眼なのにメガネをかけずに無理をすると眼精疲労の原因になります。

できるだけ眼科医に診てもらって処方箋をもらい、メガネを作るのがおすすめです。

自分の目に合ったメガネで健康的な生活を送りたいものですね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました