カップ麺のお湯は少なめで食べる!線まで入れるといのは暗黙の了解?

グルメ

Twitterのハッシュタグには、「#カップ麺お湯少なめ選手権」というのがあります。

これは別に、「濃い味が好きだからお湯は入れるのは少なめ」ということでもなさそうなのです。

「おいしく食べるために」というよりは、ただただ、お湯の少なさを競っています。

そう言えば、カップの内側に線がありますよね。

ほとんどの人があの「線」を基準にして、「お湯少なめ」と考えているようです。

今回の話題は、「カップ麺お湯少なめ!線の謎」です。

適量は決まっているはずなのに、なぜかカップの内側に線が基準になる。

そんな話をお届けします。

スポンサーサイト


カップ麺のお湯は少なめで食べる!どんなカップ麺がおいしいか?

「#カップ麺お湯少なめ選手権」では、写真ばかりではなくムービーもアップされています。

その「お湯少なめ選手権」の様子を見ていると、スープの粉末が溶けていない状態で、山になったままの人も多いです。

それだけお湯が少ないということになります。

でも、上級者の人たち?

お湯少なめに「こだわり」を持っている人たちによると、粉末スープ付きのカップ麺は麺の下に入れておくべき!ということらしいです。

麺とを取り出してから、粉末スープと火薬(具材)はカップの底に入れておく。

麺を戻す。

それからお湯少なめにしても、粉末スープは溶けた状態、具材はお湯でやわらかくなった状態になる!というわけです。

お湯少なめにした場合は、どのカップ麺がおいしいか?

味にこだわる人は、「カレーヌードル」はお湯少なめが良いそうです。

味が濃くなって、良い感じなのはカレー味とのこと。

次に支持されているのは、辛いスープのカップ麺。

辛い味が好きな人には、「お湯少なめ」で辛さが増すのはちょうど良いそうです。

変わっているのは、スープは別にして「つけ麺」ふうにする人。

「お湯少なめ」にして上で、お湯を捨てて、スープを絡めて汁なしラーメン(カップ焼きそば)みたいに食べる人。

「お湯少なめ」にして、食べるときに氷を入れる人(猫舌対策?)。

「カップ麺のお湯は少なめ」には、さまざまな物語がありました。

スポンサーサイト


カップ麺のお湯を線まで入れるといのは暗黙の了解?

「お湯は線まで入れる」と、すべてのカップ麺に表記されているかどうかはわかりません。

しかし、多くの人が基準線として理解しています。

なかには、線が2本入っているカップ麺もあるのだとか。

お湯の量を線より少なめにしたい人の意見には、実は「味の濃さ」以外にもあるのです。

それは、コンビニでカップ麺を買って、ポットのお湯を利用するときになります。

持ち運ぶ際に、お湯がいっぱいだと「こぼしやすい」からです。

それともう1つ、少なめにすることによって、残ったスープを捨てる場所を探す面倒を省ける!
という理由もあります。

お湯を少なめにしてスープを飲み干してしまえば、捨てるのは容器と割り箸だけになるので、そうしているということのようです。

カップ麺のお湯の適量については、フタの部分に目安量として表記されるようになっています。

日清食品の「カップヌードル」は、「300ml」。

こちらの公式ページでもアナウンスされています。


https://faq.nissin.com/voice/faq_detail.html?id=314&page=100

種類ごとに違うかもしれませんので、公式ホームページや商品の説明書きを確認してくださいね。

メーカーさんのようなSNSでの書き込みでは、新しいカップ麺を商品化するときに、何度も試食され、お湯が少なめになっても、お湯が多めになっても、おいしく食べられるようにテストされているはずとのことでした。

どん兵衛の関東バージョンはまずい?
手軽に食べられることで、あらゆる場面でお世話になる即席めん。 その中でも「どん兵衛」シリーズは知らない人がいないのでは、というほど人気があるシリーズになります。 筆者も、所持金が少ない時などには、よく食べていました。 慣れ...

 まとめ

カップ麺のお湯少なめについて調べていて、なるほどと思ったのは、コンビニでカップ麺を買って、
ポットのお湯を利用するときに少なくする理由。

持ち運ぶ際に、お湯がいっぱいだと「こぼしやすい」からというのは納得でした。

お湯を少なめにしてスープを飲み干してしまえば、残ったスープを捨てる場所を探す面倒が省けるというのも、うなずける話でした。

メーカーさんのような書き込みも、反論の余地がない印象。

カップ麺を商品化するときに、何度も試食され、お湯が少なめになっても、お湯が多めになっても、おいしく食べられるようにテストされているはず。

「確かに!」と思わされました。

スポンサーサイト


コメント

タイトルとURLをコピーしました